Monthly Archives: 11月 2013

touch screen phone

児童買春を目論む輩

出会い系サイトを利用している男性の中には、児童買春をしようとしている男性も多いんです。
子供の中には親に内緒でお金を稼ぎたいと思って、自分の体を男性にささげる代わりにお金をもらっているという子も増えてきてしまっています。
また、考えられない事ですが、親が子供に無理やり児童買春をさせているという事件も増えてしまっているのです。出会い系サイトというのは、基本的に18歳以上にならなくては会員になることはできません。
昔と比べると年齢確認も厳しく行われています。
もしも出会い系サイト内に18歳未満の子供がいて、しかも売春や援助交際推した場合、児童買春をした当事者だけではなく、放置をしてしまっていた出会い系サイトも重い罰則を受けなくてはなりません。
ですから、出会い系サイトも掲示板の監視や登録申請をしている会員たちの審査を厳しく行っています。
ですが、子供を守るべき大人が、子供を金づるとしてしか考えていなくて、自分が代わりに登録をしてしまっているのであれば、出会い系サイトがいくら監視をしていても、見逃してしまうほうが多いでしょう。
普通の人であれば、自分の子供に売春をさせるなんて到底理解することはできないと思います。
ですが最近は実際に、子供に売春をさせて、自分は高級ブランドを買ったり、子供を殺したりするという事件も多発をしてしまっているのです。
出会い系サイトは規制をするとしても完璧に児童買春を撲滅させることはできません。ですから、水面下でこのような事件が起きてしまっているのです。

Drama and comedy

出会い系サイトで本当にあった事件

女性で出会い系サイトを利用している人で、自分でも予想をしていなかった事件に巻き込まれてしまった人だっています。
最近特に増えてきているのが、お金を狙って女性に近づいていくという事件が多くなってしまっているんです。
どのようなものなのかというと、女性が目を離した隙、女性の財布からお金を盗んで逃走をするというものもありますし、暴力を振るわれたりした後で、財布を取られてしまうというものです。
女性で出会い系サイトを利用している人の中には、性犯罪に対しての警戒をしているという人は多いのですが、反対にこのような窃盗などに対しては意識があまり向けられていないように思えます。
会ってみて、相手が挙動不審なのであれば、隙を見て逃げるようにするのが得策です。相手が自己中心的だったり横暴な性格の人だったりした場合、逆上してくる可能性だってあります。
このような相手なのであれば、抵抗せずにお金を渡して逃げ、警察に通報をするようにしましょう。相手の言うことを聞かずに抵抗をした結果、殺害されてしまうという事件もありました。
ですから、抵抗をしないようにしたほうが、自分の身を守ることができるようになる場合もあるのです。お金も確かに大切なのですが、命あってのものです。自分の命を真っ先に守るようにしてください。

[Top]
制服姿の女子学生

買春をするために活用される出会い系サイト

お金がなくて援助交際をして、どうにかお金を手に入れようとする女性というのは、昔からいました。買春というのは古代から存在しており、今でも児童買春などの犯罪もまだまだ存在してしまっているんです。
昔と比べると出会い系サイトの規制もしっかりと行われているのですが、その状態でも、児童買春をして逮捕されてしまう男性も非常に多いですね。
毎週一回は、このような犯罪がニュースで取り上げられているように思えます。
そこまでして、自分の身を売りたいのだろうかと、大体の女性は思うと思うのですが、それでも高収入になることから、その魅力に負けてしまう女性はいるものなのです。
そして、その買春をするために、出会い系サイトが活用されると言う事は多いですね。これは、出会い系サイトの健全化の妨げになってしまっていることは間違いありません。
出会い系サイトとしても、自分のサイトでこのようなことが起きてしまったら、運営者も罰せられることになるのですが、巧妙に運営者の監視を潜り抜けているため、
出会い系サイトも完全に対処をすることができない状態になってしまっているんです。
それに、出会い系サイトをすべて仮に消滅させたとしても、出会い系サイトの代わりに児童買春をするためのサイトなんてたくさんあります。
それこそ、SNSサイトやコミュニティサイトなどでも、探そうと思えば探せますからね。それを考えると、インターネット上から売春行為を完全に排除すると言う事は不可能に近いのかもしれません。

[Top]
dollar_stack

こんな出会い系サイトには注意

日本では出会い系サイトに対して危険というイメージをもっている人も多いのではないでしょうか。
実際、出会い系サイトがきっかけで出会った男女が犯罪に巻き込まれているニュースが連日のように流れているのでそのようなイメージを抱くのは仕方のないことです。
しかし、出会い系サイトをきっかけに人生の伴侶を見つける方もたくさんいらっしゃるのも事実です。私の隣人の夫婦は出会い系サイトをきっかけに出会い、子供2人と4人家族で今でも仲良く暮らしています。
では、海外では出会い系サイトに対するイメージはどのようなものなのでしょうか。私が一時期住んでいたカナダを例に挙げると日本人が出会い系サイトにもつイメージと随分異なることに驚かされました。
特に私が住んでいた地域は多種多様な人種の人々が暮らしていたのですが、ほとんどの人が出会い系サイトに登録しており、実際に利用したことがあるとのことでした。
私も出会い系サイトにあまり良いイメージをもっていなかったので、どうして利用するのかと聞いてみると、逆にどうして登録しないのかと言われたほど出会い系サイトがカナダでは一般的なもののようでした。
ちなみにアメリカでも一般的なものとして広く利用されているようです。
海外でも出会い系サイトをきっかけに犯罪に巻き込まれる事件はあるようですが、登録していると答えた友人たちが防犯意識が低いようにはみえませんでした。
カナダで友人たちが話していたのは、何をきっかけに出会うにしろ私たちは犯罪と常に隣り合わせなのです。もちろん犯罪などに巻き込まれたくないのはみんな一緒なのです。そこで重要なのは自身の防犯意識をもつこと。
そして、相手を冷静に見極めるように意識をっもつことです。友人の紹介で出会った相手、道でナンパされ出会った相手が実は犯罪者だった。
ということは何も出会い系サイトのみで起こっていることではなく、何をきっかけに出会っても同じことは起こりうるのです。
カナダの友人たちの話を聞いていると、出会うきっかけがないまま動かないでいるよりは出会い系サイトを利用して出会うきっかけを作ろうとする動きはとても前向きな考えに思えました。
嫌なイメージのみだった出会い系サイトですが、周りの友人のアドバイスを受けながら私も今では利用者の一人となりました。
あくまで出会い系サイトは出会うきっかけをくれるものであって、それ以降は自身で考え行動することを第一とすれば、貴方の周りで犯罪が起こる確立は少ないのではないかと思います。

[Top]

出会い系サイトでは捨てアドを持とう

出会い系で遊ぶなら、必ず「捨てアド」を使いましょう。これは出会い系の常識と言っても良いでしょう。出会い系サイトの利用者がすべて安心できる相手とは限らないからです。
それに、見えない相手ですので、安易に個人情報を教えるのはやめてくださいね。フリーアドレスを教えただけでも、サクラからのメールが押し寄せてくる事があります。
もちろん、サクラのメールが多いのは、アダルト系の出会い系サイトが殆どなのですが、男性としては、どうしてもそっちが気になるでしょ?じっくり真面目な交際を考える人もいますが、
できれば早く出会いたいと思っている男性は少なくないものです。複数のフリーアドレスを無料で取得できますので、その「捨てアド」を使って、危険と思われる出会い系サイトを利用するのです。
サクラにしつこくされた時は、そのアドレスを捨てればメールは来なくまります。解決は簡単なのです。ただし、フリーアドレス以外の個人情報を決して教えないようにしましょう。
女性は警戒心が強いので、この点は守っている人が多いのです。男性は、ちょっとお色気に弱いのかして・・。すぐに教えたがる傾向があるようですから、厄介な被害に遭遇しないようにしましょう。
危険なアダルト系の出会い系サイトだと思いつつも、利用してみたい気持ちを抑えられない・・・。だから、最低限の自己防衛である「捨てアド」で遊ぶと言う事を守ってください。
男性は即アポを期待して、アダルト色のある出会い系サイトを利用してしまうのです。多少のリスクは覚悟しているのでしょうね。
事件性のない程度なら、
結構男性は挑戦しているものですよ(笑)

[Top]