コメディアンを目指すEさんの五人です出会いサクラか確かめる

前回インタビューを失敗したのは、実は、いつもはステマの正社員をしている五人の男!
欠席したのは、メンズキャバクラでキャストとして働いているAさん、貧乏学生のBさん、クリエイターのCさん、某タレント事務所に所属していたDさん、コメディアンを目指すEさんの五人です。
筆者「では、辞めた原因から聞いていきます。Aさんは後ほどお話しください」
A(元メンズキャバクラ勤務)「俺様は、女心が知りたくて始めたいと思いました」
B(男子大学生)「オレは、稼ぐことが重要ではないと思いながら始めましたね」
C(表現者)「小生は、ジャズシンガーをやっているんですけど、まだアマチュア同然なんでそこそこしか稼げないんですよ。実力をつける為には小規模な所からこつこつ下積みするのが大事なんで、、こういう仕事をやってスタービーチアプリ何よりもまずアンダーグラウンドな体験を増やそうと思って」
D(某芸能プロダクション所属)「おいらは、○○って芸能事務所に所属してライブパフォーマーを目指していましたが、一回の舞台で500円しか頂けないんで…先輩に教えていただきサクラのバイトをしょうがなくやってるんです」
E(中堅芸人)「実のところ、小生もDさんと近い状況で、1回のコントでたった数百円の悲しい生活してるんです。先輩に紹介していただいて、ステマのバイトをすべきかと悩みました」
驚いたことに、五人のうち三人ものメンバーが芸能プロダクションに所属しているという贅沢なメンバーでした…、やはり話を聞いて確認してみたところ、彼らにはステマ独自の喜びがあるようでした…。
「スタービーチの方から頻繁にメールが受信するようになったどういうわけなのか?」と、あわててしまった覚えのある方も数多くいらっしゃるのではないでしょうか。
筆者にも覚えがあり、そういったメールが来るのは、ログインしたサイトが、知らない間に数サイトにまたがっている可能性があります。
このように推しはかるのは、スタービーチの半数以上は、サイトのプログラムにより、他のサイトに載っている情報を丸ごと別のサイトに横流ししているからです。
言うまでもなく、これはサイトユーザーのニーズがあったことではなく、知らない間に横流しされてしまう場合がほとんどなので、消費者も、仕組みが分からないうちに、多くのサイトからダイレクトメールが
それに、自動送信されているケースの場合、退会すればいいだろうと手続きをしようとする人が多いのですが、サイトをやめても状況はよくなりません。
ついに、サイトをやめられず、別のサイトに情報が筒抜けです。
アドレスを拒否リストに振り分けてもそれほど意味はありませんし、拒否されたもの以外のアドレスを用意してメールを送るだけなのです。
一日でボックスがいっぱいになるぐらい多すぎる場合は躊躇せず慣れ親しんだアドレスをチェンジする以外にないので怪しいサイトは避けましょう。

関連記事はこちら