主婦愛人出会い顔次第ではデートしたいな

出会い応援サイトを利用する人々にお話を伺うと、概ねの人は、人肌恋しいと言うだけで、つかの間の関係を持つことができれば別に構わないと言う見方で出会い系サイトのユーザーになっています。
平たく言うと、キャバクラに行く料金を節約したくて、風俗にかける料金もケチりたいから、料金がかからないエロイプで、「捕まえた」女性で安上がりで済ませよう、と思いついた男性が出会い系サイトという道を選択しているのです。
その傍ら、「女子」側では少し別の考え方を押し隠しています。
「相手とすごく年齢が離れていてもいいから、何でもしてくれる人を彼氏にしたい。エロイプをやっているおじさんはほとんどがモテない人だから、平均程度の女性でも手のひらで踊らせるようになるんじゃ…!思いがけず、カッコいい人に出会えるかも、おじさんは無理だけど、顔次第ではデートしたいな。女性の100%近くはこのように考えています。
平たく言えば、女性は男性の外見か経済力がターゲットですしスカイプエロライブ男性は「安い女性」をターゲットにエロイプを用いているのです。
いずれも、安くお買い物がしたくて出会いを探しているようなものです。
そんな感じで、エロイプを運用していくほどに、男性は女を「売り物」として価値付けるようになり、女性も自らを「もの」として取りあつかうように歪んでいってしまいます。
出会い系サイトの使用者のスタンスというのは、徐々に女を意志のない「物質」にしていくような狂気的な「考え方」なのです。

関連記事はこちら