出会い系スタビOLはめ撮り

筆者「もしかすると、芸能の世界で下積み時代を送っている人ってサクラを仕事にしている人が多いものなのでしょうか?」
E(とある芸人)「そうだとよく耳にします。サクラでの小遣い稼ぎって、シフト割と自由だし、我々みたいな、急にお呼びがかかるような生活の人にはもってこいなんですよ。不規則な空時間にできるし、ちょっと変わった経験の一つになるし…」
C(アーティストの一人)「良い経験にはなるよね、女性を演じるのはすごく大変だけど自分は男目線だから、自分が言われたいことを向こうに送ればいい訳だし、男心はお見通しだから男性も簡単に食いついてくるんですよね」
A(メンキャバ勤めの男性)「逆に言えるがスタービーチ 現代版女の子でサクラの人は男の心がわかってないから正直言って下手っすよね」
筆者「女性のサクラ以上に、男のサクラが向いているのですか?」
D(とある芸能関係者)「そうとも言えますね。優秀な成績を残しているのは大体男性です。といっても、僕なんかは女の役を作るのが上手くないので、いつも怒られてます…」
E(芸人の人)「本質的に、不正直者が成功するワールドですからね…。女性になりきるのが想像以上に大変で…僕らも苦労してます」
筆者「女性の人格をやり続けるのも、想像以上に苦労するんですね…」
女のキャラクターのどうやって作るかの話に花が咲く彼女ら。
途中、ある発言をきっかけに、アーティストと自称するCさんに好奇心が集まったのです。

関連記事はこちら